世界陸上2022オレゴンの日程や出場選手は?2023年も世界陸上開催?

皆さんこんにちは。

SEIYAです。


2年に1度の陸上の祭典、

世界陸上の開幕が近づいてきました!


東京オリンピック延期により世界陸上も延期になり、

初の偶数年開催となる世界陸上2022オレゴン

前回の世界陸上は2019年のドーハでしたから、

3年ぶりの開催となる分余計に楽しみです!


今回はそんな久しぶりの世界陸上2022オレゴン

日程出場選手を調べていきます!

さらに基本は奇数年開催の世界陸上ですから、

2023年も開催して2年連続の開催となるのかも調べていきます!


世界陸上2022オレゴンについて気になる方は

是非ご覧ください!

スポンサードリンク

世界陸上2022オレゴンの日程は?

1年開催が延期した世界陸上2022オレゴン

初の偶数年開催となる今回の日程はどんな感じでしょうか。


まず開催期間は、


7月15日(金)~7月24日(日)


となっています!


日本時間にすると

7月16日(土)~7月25日(月)

のようです!


そして各日の競技日程は以下の通りです。

(日本時間表記です。)


7月16日(土)
予選男子100m
予選女子1500m
予選男子走幅跳
予選男子3000m障害
決勝混合4×400mリレー
男子20km競歩
7月17日(日)
準決勝決勝男子100m
予選男子110mH
予選男子400mH
準決勝女子1500m
決勝女子10000m
決勝男子走幅跳
男子マラソン
7月18日(月)
準決勝決勝女子100m
準決勝決勝男子110mH
準決勝男子400mH
決勝男子10000m
決勝男子砲丸投
決勝女子棒高跳
女子マラソン
7月19日(火)
決勝女子1500m
予選男子200m
決勝男子3000m障害
決勝男子走高跳
決勝女子三段跳
7月20日(水)
決勝男子400mH
準決勝男子200m
決勝男子1500m
決勝女子走高跳
7月21日(木)
予選女子5000m
予選女子やり投
準決勝女子400mH
準決勝女子400m
準決勝男子400m
決勝女子円盤投
7月22日(金)
決勝女子200m
決勝男子200m
予選男子5000m
予選男子やり投
7月23日(土)
決勝女子400mH
決勝女子400m
決勝男子400m
予選男子4×100mリレー
決勝女子やり投
7月24日(日)
決勝男子4×100mリレー
決勝女子4×100mリレー
決勝女子5000m
決勝男子三段跳
決勝男子やり投
1日目十種競技
男子35km競歩
7月25日(月)
決勝男子4×400mリレー
決勝女子4×400mリレー
準決勝決勝女子100mH
決勝男子5000m
2日目十種競技
決勝男子棒高跳
決勝女子走幅跳

もう本当に充実の10日間ですね!

初日から決勝の種目もあって、

1日目も目が離せない10日間になりそうです!

スポンサードリンク

世界陸上2022オレゴン出場選手まとめ

そんな充実の日程な世界陸上2022オレゴン

出場選手を調べてみました!


現段階では内定が決まっている選手と

そうでない選手がいるので、

出場資格を有している選手も含めてご紹介します!


男子
3000mSC三浦龍司
5000m遠藤日向
10000m田澤廉
マラソン
内定
鈴木健吾・星岳・西山雄介
110mH泉谷駿介
400mH黒川和樹
4×100mR
4×400mR
20kmW
内定
池田向希・高橋英輝・住所大翔・山西利和
35kmW
内定
川野将虎・松永大介・野田明宏・鈴木雄介
女子
1500m田中希実
5000m廣中璃梨佳・ 萩谷楓・田中希実・ 木村友香・佐藤早也伽
10000m
内定
廣中璃梨佳・五島莉乃
マラソン
内定
一山麻緒・松田瑞生・新谷仁美
4×100mR
20kmW
内定
藤井菜々子・岡田久美子
35kmW
内定
園田世玲奈
男女混合
4×400mR

現段階の情報はこんな感じです!


  • 男女マラソン
  • 男女20km競歩
  • 男女35km競歩
  • 女子10000m

に関しては内定選手が決まっていますね。


またリレーに関しても上記に記載されている種目は

出場は決まっていて、

選手は決まっていないという状況です。


特に僕は男子の4×100mRが大好きで、

東京オリンピックでバトンがつながらなかった分、

その思いを晴らすためにも頑張ってほしいです!


東京オリンピックでは、

  • 多田修平選手
  • 山縣亮太選手
  • 桐生祥秀選手
  • 小池祐貴選手

の4選手が出場しました。

8月6日】東京五輪・陸上競技 男子4×100mリレー決勝の放送予定|2大会連続のメダルへ日本は決勝進出
出典:https://olympics.com/

他にもリオオリンピックで4×100mRのアンカーを務め、

銀メダル獲得に貢献したケンブリッジ飛鳥選手、

ケンブリッジ 飛鳥:日本陸上競技連盟公式サイト
出典:https://www.jaaf.or.jp/

若干20歳(現在は23歳)の時に100mで9秒97をマークし、

前回の世界陸上ドーハでは、

4×100mR銅メダル獲得とアジア新記録を打ち立てるのに

アンカーとして貢献した

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手、

サニブラウン アブデルハキーム:日本陸上競技連盟公式サイト
出典:https://www.jaaf.or.jp/

サニブラウン選手と同様に、

世界陸上ドーハ4×100mRで銅メダルを獲得した

白石黄良々しらいし きらら)選手、

白石 黄良々:日本陸上競技連盟公式サイト
出典:https://www.jaaf.or.jp/

などなど、

たくさんの候補選手がいます!


結果も気になりますが、

誰が走るのかも気になるところです!


世界陸上オレゴンへの出場選手が判明したら更新します!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


追記


世界陸上2022オレゴンへの出場選手が発表されました!



https://twitter.com/jaaf_official/status/1544912889059762177?s=20&t=7I1FrJNJ3mFtn2YfPkJqVw

個人的に注目していた4×100mRですが、

とてもフレッシュなメンバーになりました!


東京オリンピックの時のメンバーからは小池選手のみ。

他に世界陸上への出場経験があるのは

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手のみ。

相当新鮮なメンバーです!


これまで日本を引っ張ってきた

桐生選手やケンブリッジ選手、

ロケットスタートの多田選手、

日本記録保持者の山縣選手もいませんから、

見る側としては少し不安もありますが、

これからの日本を引っ張っていく

若手選手が見れるのも楽しみだなと思います!


合わせて読みたい✅

皆さんこんにちは。 SEIYAです。 いよいよ開幕しました世界陸上2022オレゴン! 初日から花形の男子100m予選があり、 僕の中のボルテージも既にMAX!!(笑) 初日からめちゃくちゃ楽しんで[…]


スポンサードリンク

2023年も世界陸上は開催する?

東京オリンピック延期により、

通常は奇数年開催の世界陸上で

初の偶数年開催となる今大会

2年に1回の周期で開催するのが

世界陸上のセオリーですから、

これからは偶数年開催になるの?とも思いました。

しかしそうなると2大会に1回はオリンピックと

重なってしまいますよね。

であるならば、

2023年も開催して、

2年連続で世界陸上を楽しめるのかなと思い

調べてみました!


調べてみたら、

どうやら2年連続の開催となるようですよ!


世界陸上2023ハンガリーのブタペスト

開催されるようです!

開催期間は8月19日(土)~8月27日(日)

予定しているようですよ!


これは陸上好きにはたまらない2年間になりそうですね!


まずは世界陸上2022を楽しんで、

来年の世界陸上2023も楽しみましょう!

世界陸上2022オレゴンについてのまとめ

いかがでしたでしょうか!


今回の内容をまとめると、

  • 世界陸上2022オレゴン大会日程
    7月15日(金)~7月24日(日)
    初日から決勝の種目もあり、
    目の離せない10日間となりそう!
  • 世界陸上2022オレゴンへの出場選手
    内定が決まっている選手と
    そうでない選手が混在している状況

    ・男女マラソン
    ・男女20km競歩
    ・男女35km競歩
    ・女子10000m
    は既に内定者が決まっており、
    リレーに関しても
    出場自体は決定している。
    出場選手が判明し次第更新
  • 世界陸上は2023年も開催し、
    2年連続の開催となる予定!

    世界陸上2023
    ハンガリーのブタペスト
    開催が予定されている!
    陸上好きにはたまらない2年間になりそう!

となります!


それでは今回は以上となります。

この記事を最後までご覧いただき、

ありがとうございました!

スポンサードリンク