芥川賞2022受賞砂川文次の経歴や年収は?著書まとめや結婚についても!

  • 2022年1月20日
  • 2022年2月2日
  • 人物

皆さんこんにちは、SEIYAです。

芥川賞2022は「ブラックボックス」が受賞しましたね!

その著者が砂川文次さん

今回は芥川賞2022を受賞した砂川文次さん経歴年収
そして「ブラックボックス」以外の著書結婚について気になったので調べてみました!

それでは、一緒に確認していきましょう!

砂川文次さんの経歴は?

では、砂川文次さん経歴を調べていきましょう!

まずは、簡単なプロフィールから!

極限状況下の人間描く 「ブラックボックス」で芥川賞の砂川文次さん - 産経ニュース
出典:https://www.sankei.com/

砂川 文次 (すなかわ ぶんじ)

  • 1990年4月1日生まれ 32歳
  • 大阪府吹田市出身
  • 神奈川大学卒業
  • 職業 地方公務員 小説家
  • 主な受賞歴 文學界新人賞 芥川龍之介賞

砂川文次さんの簡単なプロフィールはこんな感じですが、
まず最初に思ったのは年齢が若いことです!

これは僕の勝手なイメージですが、こういう大きな賞を受賞される方は、
もう少し年が上な気がしていました!

そしてなんと砂川文次さんは、地方公務員として都内区役所で勤務されているんですね!

普通にお仕事をされながら小説を書いて芥川賞受賞するってすごいことだと思います!

実際僕も普通に仕事をしながらこういった記事を書いているわけですが、
小説を書くなんて相当大変なことだと思います!

さらに、砂川文次さんにはもっとすごい経歴が!

なんと、元自衛官。

ビックリする経歴です!

元自衛官の方が芥川賞受賞したことがあったのでしょうか。

まあ、あるにしろないにしろ、すごすぎるの一言です!

砂川文次さんが一躍有名になったのは、陸上自衛隊操縦学生であった2014年の秋頃だそう。

その時に書いた「市街戦」でプロフィールにも記載の文學界新人賞受賞しました。

学生の頃から頭角を現していたんですね!

まさに天才といった感じです。

その後、2度に渡り芥川龍之介賞の候補作にノミネートされています。

そして晴れて2022年、第166回芥川龍之介賞(芥川賞2022)受賞されました!

芥川賞受賞は「困ってます」 元自衛官で公務員の砂川文次氏が会見で"本音"を連発 | ENCOUNT
出典:https://encount.press/

取るべくしてとったという感じがしますね!

砂川文次さんの年収はどれくらい?

砂川文次さんのビックリする経歴が分かったところで、お次は年収を調べてみましょう。

小説家の方がどれくらい稼いでいるのか気になりますよね!

砂川文次さんは地方公務員としても勤務されていますので、
両方の年収を調べて足したいと思います!

まずは地方公務員としての年収から!

砂川文次さんの場合は区役所勤務とのことなので、
区役所職員の平均年収を調べていきます。

区役所職員の平均年収は約685万円だそうです!

かなり高いですね!

ぶっちゃけこれだけの額があれば、全然普通に暮らせます!

ではお次に、気になる小説家としての年収

調べてみると、小説家の平均年収は約150万円~300万円なんだそうです。

しかし、かなり年収にはバラつきがあってあまり参考にはならないとのこと。

それならと思って砂川文次さん著書の売り上げ部数から計算しようと思って
売り上げ部数を調べてみたのですが、売上部数の記載もありませんでした。

となるとかなり推測は難しくなります・・・

1つ情報としてあるのは、芥川賞や直木賞、新人賞などを受賞すると注目度も高まり、
年収が1億円を超える方もいるとのこと。

あの東野圭吾さんの年収は25億円~30億円もあるそうですよ!

東野圭吾さんの人気作、初の電子書籍化 在宅読者のために 出版7社から1作ずつ | 毎日新聞
東野圭吾さん
出典:https://mainichi.jp/

とまあ、そこまではいかないにしても砂川文次さんは新人賞も芥川賞
受賞されていますし、芥川賞の候補作に2度もノミネートさらていますから

年収も500万円~1,000万円ほどあるのではないでしょうか!

今回の芥川賞受賞をきっかけにこれからどんどん小説家としての年収
上がっていくことでしょう!

ということで、砂川文次さんのトータルの年収は低く見積もっても1,000万円は
超えていると予想します!

砂川文次さんの著書まとめ!

今回「ブラックボックス」で芥川賞を受賞された砂川文次さん著書には
他にどのような作品があるのでしょうか。

砂川文次さん著書をまとめていきます!

小説作品

「市街戦」

「熊狩り」

「バベルの褒賞」

「戦場のレビヤタン」

「乱気流」

「臆病な都市」

「小隊」

「ブラックボックス」

エッセイ

「トカゲのしっぽ」

「〈90年代生まれが起こす文学の地殻変動〉アンケート」

「待ちに待った終末羽田圭介『Phantom』を追う」

以上が砂川文次さん著書のまとめで、エッセイも合わせて11作品あります。

この中でも、

「市街戦」は文學界新人賞を受賞

文學界2016年5月号 | |本 | 通販 | Amazon
出典:https://www.amazon.co.jp/

「戦場のレビヤタン」「小隊」は芥川賞候補作にノミネート。

戦場のレビヤタン | 文次, 砂川 |本 | 通販 | Amazon
出典:https://www.amazon.co.jp/
小隊 | 砂川 文次 |本 | 通販 | Amazon
出典:https://www.amazon.co.jp/

「ブラックボックス」は芥川賞受賞

砂川文次『ブラックボックス』と乗代雄介『皆のあらばしり』|Real Sound|リアルサウンド ブック
出典:https://realsound.jp/

かなり受賞率が高く注目度の高い作品を書き上げていますね!

今回芥川賞を受賞した「ブラックボックス」が結構気になっているので
買って読んでみようと思っています!

砂川文次さんは結婚しているの?

最後に、ちょっとプライベートな話に踏み込んで
砂川文次さん結婚しているのかどうかを調べていきます!

結論からお伝えすると、砂川文次さん結婚しています!

お子さんは2人いらっしゃるそうです!

芥川賞受賞を伝えたとき、上のお子さんはポケモンをやっている最中で
伝説のポケモンを捕まえていて見向きもされなかったというエピソードも明かしていました(笑)

今回の受賞をきっかけにより豊かな家庭を築いていってほしいですね!

砂川文次さんについてのまとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、芥川賞2022受賞作品「ブラックボックス」の著者、砂川文次さん
経歴年収著書結婚について調べてみました!

今回の内容をまとめると、

  • 砂川文次さん経歴は元自衛官!
    現在は都内の区役所で勤務しながら作品を執筆しているすごい方!
  • 砂川文次さん年収は地方公務員として約680万円。
    小説家としては最低でも約500万円と見積もって、トータル1,000万円を超えると予想!
  • 砂川文次さん著書はエッセイも含めて11作品。
    そのうち1つが新人賞受賞、2つが芥川賞候補作品、1つが芥川賞受賞
    かなり注目度の高い作品が多い!
  • 砂川文次さん結婚していて、2人のお子さんがいる!

となります。

それでは、今回は以上となります。

この記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!