イギリスがマスク撤廃した理由は?日本のマスク撤廃や自由化はいつになる?

皆さんこんにちは、SEIYAです。

イギリス政府がマスク着用の義務化やワクチンの接種証明の提示といった規制を解除し、
マスク撤廃”することを発表しました。

そこで今回は、イギリスマスク撤廃した理由日本での
マスク撤廃自由化いつになるのか迫っていきたいと思います。

それでは、一緒に確認していきましょう!

イギリスがマスク撤廃を発表した理由は?

まずは、こちらの動画をご覧ください。

出典:https://twitter.com/

イギリスのジョンソン首相が演説している動画です。

マスク撤廃について言及しています。

プランBというのがおそらくコロナウイルスに対する政策で
プランAというのがコロナ禍の前の通常の政策のことだと思います。

では、ジョンソン首相の考えを知った上で
イギリスマスク撤廃を発表した理由を調べていきましょう。

マスク撤廃理由として挙げられるのは、感染者が減少傾向にあること、
感染のピークを越えた判断したこと、そして、12歳以上のイギリス国民の

63%がワクチンの追加接種を終えていることなどだそうです。

イギリスではまだ10万人前後の感染者がいると推測されていますが、
これが減少傾向にあり、ピークを終えたという判断になっているそうです。

また、3月に期限を迎える感染後の隔離措置について定めた法律も延長せず、
新型コロナウイルスとの共生を目指す意向です。

かなり思い切ったことをするな~!という印象を受けました。

人柄もあると思うのですが、海外って日本に比べて思い切ってやることが多いですよね!

日本で10万人となったらとんでもない人数と捉えられますが、
日本よりも人口の少ないイギリスでは捉え方が違うのですね。

そういえば思い出しましたが、僕はサッカーが好きでイギリスのプレミアリーグの
試合を見るのですが、観客もほぼ満員近く入っていて、しかもほとんどの人が
マスクをしていませんでした。

そもそもの考え方が違うようですね!

まあ、その分感染者は多いので何とも言えないのですが・・・

ただ、明らかに経済は回るでしょうし、
国民のストレスも軽減されているのではないかと思います。

日本でのマスク撤廃や自由化はいつになる?

そんなイギリスの思い切った政策を知ると気になるのは日本はどうするの?ということです。

では、日本でのマスク撤廃自由化いつになるのか調べていきます。

現段階では日本でもマスク撤廃を検討しているという情報はありません。

しかし、7月以降に日本でもマスク撤廃が実現するのではないかという声もあります。

その理由としては以下の3つが挙げられています。

1)追加のワクチン接種 ブースター接種はオミクロンであっても重症化予防が90%ある。
 これが国民の多くは接種が6月末には終わる。国民全体が免疫をもてる。

2)プロテアーゼ阻害薬 これは内服薬だが新型コロナに対して極めて有効だ。
 リスクがある人の8~9割が重症化を防ぐことができる。
 感染した高齢者がこれによって重症化しない。

3)感染力の低下 オミクロン株は重症化率が減っている。
 オミクロンの次にさらに感染力の強い変異株がでるかもしれないが、
 重症化率がもっと下がる。こういったウイルスは感染した人が
 軽症または無症状で出歩くことで感染者を作ることができる。
 重症化が厳しくなると家に閉じこもってしまうので、
 次の変異株はオミクロン株よりも感染力が強ければ重症化が減るだろう。

https://news.yahoo.co.jp/

また、マスク着用による熱中症のリスクも減らせるとしています。

僕個人としては、夏にマスクを外せるのはすごく助かると思います!

夏のマスクは熱すぎて、正直コロナどこではないなと去年の夏に思いました。

実現すれば、僕個人としては正直嬉しいというのが本音です。

マスク撤廃についてのまとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、イギリスマスク撤廃した理由日本でのマスク撤廃
自由化いつになるのかについて調べてみました。

今回の内容をまとめると、

  • イギリスマスク撤廃を発表した理由は、感染者が減少傾向にあること、
    感染のピークを過ぎたと判断したこと、12歳以上のイギリス国民の63%が
    ワクチンの追加接種が終わっていることなどが挙げられる。
  • 日本でのマスク撤廃自由化いつになるかは現段階では分からない。
    しかし、いくつかの理由から7月以降に日本でもマスク撤廃
    実現する可能性はあるとされている。

となります。

それでは、今回は以上となります。

この記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!