マスク着用のルールができる?ルールの内容や海外に合わせる理由とは?

皆さんこんにちは。

SEIYAです。


岸田首相が6日、

マスク着用のルールを検討すると発表しました。


なんだか今更感が否めませんが、

海外に合わせたものになるとされています。


今回はマスク着用のルールの内容

海外に合わせる理由について調べていきます。


マスク着用のルールについて気になる方は

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

マスク着用のルールの内容は?

岸田首相はマスク着用のルール化

検討しているそうです。

そのルールの内容とは一体どのようなものなのか。


残念ながら現在は検討段階ですので

発表されていません


そもそも現在日本では、

マスク着用のルールがそこまで厳格ではありません


一応現段階で厚生労働省が発表しているものだと

以下の通りです。


出典:https://www.mhlw.go.jp/

出典:https://www.mhlw.go.jp/

”義務”ではなく”推奨”という言葉が

かなりマスク着用の概念を曖昧にしていると思います。


正直2m以上と言われても厳密には分かりませんよね。

それならばつけなくていいやという方もいれば、

とりあえずつけておこうという方も

いらっしゃると思います。


そのあたりの考え方がそれぞれ違うことから、

マスクについてのトラブルが後を絶たないんだと思います。


ですのでやはり、

はっきりとした方が分かりやすいですよね。


ネット上では以下のような意見があります。





以前からよく見かけますが、

自由でいい」という意見が非常に多いです。


正直僕もこの意見には賛成です。


”推奨””非推奨”というような言葉があるから、

余計にややこしくなっていると思うので、

もう完全に自由にしてしまえば、

いざこざも少なくなると思います。


もちろん最低限の配慮は必要だとは思いますがね!

スポンサードリンク

海外に合わせる理由とは?



冒頭でもお伝えしましたが、

マスク着用のルールは

海外に合わせたものになるとされています。


海外に合わせる理由は何なのでしょうか。


これについてもまだ発表されていませんが、

海外との比較を気にしているからなのではと思います。


実は現状日本は、

マスク着用率世界一なのにも関わらず、

コロナ感染者数も世界一となっているんです。


Yahoo!ニュース

マスク着用者の多い日本で感染者が増えていることで、マスクの効果に疑問を感じている方が増えているようです。マスクは本当に意…


このことから「マスクは意味ないのでは?

という声も挙がり、

「それならばいつまでマスクをつけているんだ?」と

時代遅れ扱いをされていたことがありました。


こういった背景から、

”日本も遅れていない”ということをアピールするために

マスク着用が自由な国が海外には多いので

海外に合わせようとしているのではないかと思います。


とはいえ海外の国全てが

マスク着用を自由にしているわけではありません


アメリカやイギリスなどは

マスク着用のルールがかなり緩和されていますが、

ドイツやイタリアなどでは

まだマスク着用が義務化されているところもあります。


海外に合わせるマスク自由化

という考え方はナンセンスですが、

ここからさらに厳しくなることの方が

考えにくいと個人的には思っています。

スポンサードリンク

マスク着用のルールについてのまとめ

いかがでしたでしょうか!


今回の内容をまとめると、

  • マスク着用のルール内容
    まだ分からない
    しかし自由化を求める声がかなり多い
  • 海外に合わせる理由は、
    ”日本も遅れていない”ということを
    世界にアピールするため
    と予想。
    とはいえ海外の国全てが
    マスク自由化であるわけではないため、
    海外に合わせるマスク自由化
    と考えるのは少しナンセンスかも。

となります!


それでは今回は以上となります。

最後までご覧いただき、

ありがとうございました!

スポンサードリンク