ブラックボックス(第166回芥川賞受賞)のあらすじは?値段やページ数まで!!

皆さんこんにちは、SEIYAです。

第166回芥川賞受賞作品が発表されましたね!

受賞したのは、「ブラックボックス」!

(砂川文次・著)

第166回芥川賞に砂川文次さん「ブラックボックス」|好書好日
出典:https://book.asahi.com/

そこで今回は、第166回芥川賞受賞作品の

ブラックボックス」のあらすじ

どんな感じなのか、また、

値段ページ数も調べていきたいと思います!

それでは、一緒に確認していきましょう!

第166回芥川賞受賞 
ブラックボックスのあらすじは?

やっぱり芥川賞という大きな賞を

受賞した作品のあらすじって気になりますよね!

早速、ブラックボックスあらすじを調べてみました!

ブラックボックスあらすじはこんな感じです。

ずっと遠くに行きたかった。
今も行きたいと思っている。

自分の中の怒りの暴発を、
なぜ止められないのだろう。
自衛隊を辞め、いまは自転車便メッセンジャーの
仕事に就いているサクマは、
都内を今日もひた走る。

昼間走る街並みや
そこかしこにあるであろう倉庫やオフィス、
夜の生活の営み、どれもこれもが明け透けに
見えているようで見えない。
張りぼての向こう側に
広がっているかもしれない実相に触れることはできない。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

あらすじを読んだだけでなんだか考えさせられますね。

かなり現実的な内容の本のような気がします。

毎日に仕事に明け暮れているような感じがしながらも、

どこか僅かながらの希望を

もっているような感じもしますが・・・

なんだか自分と照らし合わせて考えちゃいますね。

このあらすじだけを読んでの

あくまで僕の主観の感想ですが、

そんな風に思います!

本ってやっぱりすごいですね!

僕も趣味や勉強で読書をするのですが、

どの本を読んでもやっぱり色々考えさせられます。

それがすごく楽しかったり、

新しい発見に繋がったりするんですけどね!

ブラックボックスあらすじを読んですごく気になったので、

今度買って読んでみたいと思います!

1月26日発売予定らしいので、

読み終えられたら感想もここに追記しますね!

ブラックボックスの
値段やページ数は?

読んでみたい!と思っても、

芥川賞を受賞した本って

やっぱり内容も濃くて

ページ数も多いのかなあ・・・

そうなると、読み切れる自信がないなあ・・・

とか、芥川賞を受賞したってことはすごい本だから

値段もちょっと高いのかなあ・・・

なんて思うことはありませんか?

そこでここでは、そんな方の為に

ブラックボックス値段ページ数

調べていきたいと思います!

まずは、ブラックボックス値段から!

ブラックボックス値段

紙書籍で1,705円、電子書籍で1,617円です。

送料込みの値段で、

Amazonでも楽天でも同じでした!

現在予約受付中となっていますよ!

(1月19日現在)

Amazonの購入ページはこちら

Rakutenの購入ページはこちら

そしてお次にページ数

あまりに長いと読むのが億劫になってしまいますが、

なんとそのページ数168ページ

僕の率直な感想としては、

たったの168ページか!という感じです!

そんなに長くないと思います!

1日20ページ読むとしても1週間ちょいで読み終われますね!

お仕事でお忙しい方にも

そんなに無理なく読めそうなページ数だと思います!

第166回芥川賞受賞 
ブラックボックスのまとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は、第166回芥川賞受賞作品

ブラックボックス」のあらすじ値段

ページ数について調べてみました。

今回の内容をまとめると、

  • 第166回芥川賞受賞 
    ブラックボックスあらすじ
    かなり現実的な内容を連想させるもの。
    僕個人的には自分と照らし合わせて
    色々考えさせられた上、
    興味が湧いたので読んでみようと思った!
  • ブラックボックス値段ページ数は?
    ブラックボックス値段
    紙書籍で1,705円、電子書籍で1,617円。
    送料込みの値段でAmazonでもRakutenでも同じ。
    現在予約受付中。(1月19日現在)
    ブラックボックスページ数
    168ページで比較的短めな印象!
    お仕事でお忙しい方でも
    読みやすい本ではないかと思う。

となります。

それでは、今回は以上となります。

この記事を最後までご覧いただき、

ありがとうございました!